スポンサーサイト ::: 2017.02.15 Wednesday

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

【愛蔵版】トロフィーコンプリートしました ::: 2016.11.30 Wednesday

 

やっとトロコンできました。

用語辞典はリストを作ってくださっている方々がいて、それを参考に抜けている用語を探しました。無印は5、夢灯りは12ほどでしたが、夢灯りは共通やキャライベントも抜けていて、回想録から確認してみたら未選択状態になってました。少し前に全部見たはずなのですが、システムデータのセーブをきちんと出来ていなかったようです。それでも、交流での会話をいくつか見ればうまる感じだったので、それほど時間もかからずにコンプできました。私がとれていなかった用語に関しては記事の続きから追記しています。これまでの記事では用語集って書いてしまっていますよね。通じると思うので、直してません。すみません。

 

用語辞典より厄介だったのが夢灯りでの「安土の盾」でした。肝心の曲者が出ない! ストーリー進行のイベントは期日ぎりぎり、恋愛イベントも進めないほうが出やすかった気がします。大団円を目指している方が出やすいのかもしれませんね、トロフィーの名前的に。一応4話にも出ましたが、これもストーリーを進めると出なくなってしまいました。セーブをこまめにして、現れなかったらロードをしてみたり試行錯誤しました。何とかゲットできました。

 

用語を集めながら、後日談とシークレットイベントを見返したりして、ほんともう大好きだーってにやにやしてました。これで愛蔵版で出来ることはすべて終了しました。アンケートがまだだったので、あとで答えてきます。あと、Vitaのテーマもダウンロードしておこう。またプレイしたり、漫画をよんだりCDも聴いたりしていますが、ちょっぴり寂しい……。また何かあると良いな!

 

 

 

続きを読む >>

武将たちのツイートをまとめて欲しい件 ::: 2016.11.10 Thursday

 

今日は信行の誕生日ですね。後日談にもつながるツイートで一人デレデレ見てしまいました。誕生日ツイートってもう3年くらいやってるよね? 内容も良いものばかりなので、何かしらの形にまとめるのってできませんかね? 宣伝ツイートも性格が出ていて楽しいんだけど。冊子でもドラマCDでも。欲しいな〜だってTwitterって割と危機的状態なんでしょ? もし終了しちゃったら見られなくなってしまう。それはそれで、いいのかもしれませんが、せっかく物語として形になっていたので、別の形で残してほしいな。こういう要望ってどうやって公式に伝えたらいいのでしょうか? 桜見の時のようにメールを送ってみるべきだろうか。

 

 

イベントDVDの情報も発見しました! 「ライブビデオ」なのか……。

カレンダー可愛い! 一枚絵の描き下ろしがあるくらいかなと思っていたので、まさかの12か月分に驚きでした。武将たちとほたると桔梗、そこに佐吉でちょうど12人になりますもんね。すっげー丁度良すぎ! 早く見たいな。

 

すでに予約済ですが、羽柴軍のバッジがそろう豪華版にしたので届くのは12月です。楽しみです!

 

そういえば、ディナパの感想をたくさんツイートしてくれている方を偶然発見して、楽しく拝見させていただきました。最近Twitterは公式関連しか見に行かないもので、嬉しかったです。その方はお一人で参加されていて、私もぐだぐだしていないで飛び込めばよかったのかなと思いつつ、また機会があったら考えてみようと勇気をもらいました。ありがとう。


ディナーパーティはハードルが高い ::: 2016.11.06 Sunday

 

舞台版DVDがイープラスショップで通販再開していました。まだ見てない方はよろしかったら!

 

 

Empiresの毛利家プレイが終わったら、下天の用語集コンプを再開しようと思うのですが、今日はディナーパーティですね。何かしらの発表とかあるかなと淡い期待もあるのですが、愛蔵版が発売して2か月しか経っていないので、多分何もないよね。実は行ってみようか迷ったのですが、結局止めてしまいました。オタク活動はTwitter脱落ソロプレイ(ガチのぼっち)としてはハードルが高すぎた。でも参加を迷ったのは、もしかしたら下天オンリーのイベントはこれで最後かもという一抹の不安があったからです。各メディアでもディナーパーティのレポはなかなかお目にかかれないし。愛蔵版はすごく良かったんだけど、今後の展開は望み薄かなと思えるくらい、しっかり綺麗にまとまっていました。夏から秋にかけて乙女ゲームのリリースが相次いで、下天は完全新作ではなかったのもあり、あまり売れませんでしたよね(はっきり書くけど)。累計売上で多少は伸びるかなと思うのですが、新作をつくろうという段階までには達していないかも、と一人心配しています。内容的にも続編は難しそうですしね。

 

下天で残っている道としてアニメ化がありますが、アニメ版戦国無双のラスト、大坂城炎上のシーンが凄すぎて笑ってしまったんだけど、あれを下天の本能寺では見たくないな……。遙かシリーズがいろいろ動いているので、下天はしばらく何もなさそうです。こっそり期待して待ちつつ、まずはトロコンを頑張ります〜。


罪の華エンドを見るためのコツを書いてみました ::: 2016.11.03 Thursday

 

ブログのアクセスログを見ていたら、罪の華エンドで来てくださっている方が多いみたいなので、入り方のコツなどを書いてみました。私はガイドブックを参考にしたので、あまり苦労はしなかったのですが、疑念を4まで上げるのは結構大変ですよね。ざっと書きだしてみましたので、参考にしていただけたら幸いです。もしかしたら間違っている個所もあるかもしれないので、いろいろ試してみてください。

 

 

■ここから罪の華の攻略について。

個別のネタバレはありませんが、罪の華ルートまでの道筋は細かく記してあります。

まずは3話の「蛍狩り」までに攻略キャラとの恋愛イベントを進めつつ疑念を4まで上げる必要があります。

 

・はじめの疑念1は大切に

初めは皆、疑念1があります。貴重です。減らさないようにしましょう。

 

・誘惑に失敗していっきに増やす

誘惑は縁の数値によって3段階(信行は2段階)ありますが、縁が低い状態で出てくる「表情を選ぶ誘惑」は、成功率低めです。特に上の選択肢は成功率が低めに設定されています。これで一気に増やすことが可能です。まれに成功することもありますが、大体失敗すると思います。誘惑って失敗するとすごくいやな顔される(ように見える)よね……ほたるごめん……。

 

・交流イベントで増やす

訪問しての交流イベントの中には疑念を増やせるものが含まれます。比較的、武器や夜の過ごし方、忍びについてなどで増えやすいです(キャラによっては下がる場合もあります)。逆に減る項目もあります。質問は夜の誘惑以外ランダムで表示されるので、訪問前にセーブしておくと良いです。

 

・恋愛イベントで調整する

疑念が上がっている場合のみ見ることができる恋愛イベントがあります(各キャラ2つ。信行は無し)。恋愛を進めるための必須イベントではありませんが、回想録を埋めるために見ておくと良いですね。縁を上げるというよりは疑念が上下するイベントです。キャラによりますが、大幅に上がったり、または下がったり……気をつけてください! 必須イベントにもあるので探してみるといいかもです。

 

・本編の中にも疑念あり

本編の選択肢にもさりげに混じっている疑念。私は誘惑で上げていたのを失念し、うっかり牢屋に入れられてしまいました。下天は周回プレイなところもあるので、だんだんどの選択肢で上がるのか分かってきます。これで調整するのもいいと思います。

 

・3話は入り口、4話で分岐

蛍狩りが終わりゲジメが登場したら、疑念4を保ったまま恋愛イベントを進めます。疑念を下げたり、恋愛イベントを放置すると4話・1日目の夜で選択肢が出ません。逆に選択肢が出ればルートに入ったことになります。罪の華の選択肢を選んでいきましよう。ここからストーリーそのものが変化していきます。

 

・百地は?(要検証)

隠しキャラでメニューに指南もない百地です。私は他のキャラは放置して百地のみを追って修行をしたり、城下のイベントを進めていたら3話で罪の華の選択肢がでたと思います。「誰でもいいから同時進行で疑念を4にしておいて、蛍狩りでルート選択をしたら、そのキャラのフラグを折る」という感想も見たのですが、定かではありません。進めないという方は、どちらのパターンも試してみてください。

 

 

=====================

 

新たに追加された罪の華エンドは、下天の華の新たな一面を見せてくれたルートでした。ほの暗く艶っぽく、絶望の中に浮かぶ愛憎があります。気になっている方は是非とも。百地の罪の華ルートの確実な入り方が分からないので、ガイドブックが出てくれたら一番いいんですけどね。夢灯りも出てないから望み薄ですな。


本編を通しての「罪の華エンド」を考える ::: 2016.10.17 Monday

 

愛蔵版の感想は前回の記事でいったん終わりのつもりでしたが、書きたいことができたので書きました。

 

本編の流れから進む、選択肢の一つとしての「罪の華エンド」を考えてみました。ただの雑感なので、ななめ読みでよろしくお願いします(逃げ)。「罪の華」に関してはしばらく経つといろいろ考えてしまいます。

 

 

 


【愛蔵版】総括と感想と思い出 ::: 2016.10.15 Saturday

 

私と「下天の華」の出会いを振り返ると、大元は「采配のゆくえ」でした。東軍の藤堂高虎に心を奪われ検索の鬼になっていたら、丁度発売したばかりの「戦国無双 Chronicle 2nd」で新キャラとして参戦していることが分かりました。見た目は采配の忠興に近かったのですが、思い切って3DSごと購入し、寝不足の日々を過ごしました。クロセカの高虎と結婚したいなと思いながら攻略情報やプレイ日記を探していたころ、中の人が乙女ゲームに出演するという記事を見つけました。さっそく公式サイトに行ってみると、くのいちが主人公のゲームと判明。忍者小説ばかりを読んで過ごしていた時期もあり、これは運命か?と予約したのです。それまでSFCとPC-FXのアンジェリークしか遊んだことがなく、乙女ゲームとは無縁の生活でした。下天のサイトで始めて店舗特典なるものが存在する知ったくらいです。初めての乙女ゲームだし、せっかくだからトレジャーBOXとやらにするか〜高いけれど! これが、始まりだったわけです。

 

 

日の本を舞台した乱世、極限状態での武将たちとの愛と命のやり取りを……なんて期待してしまうと肩透かしをくらいます。基本的には安土城での日々をめぐる箱庭ゲームに近い作り。大胆な時間経過もなく、一日に三度の行動の中で任務をこなし武将たちと縁を深めていきます。交流・修行・本編・恋愛イベントと結構ドタバタと忙しい。ストーリーの大筋は個別のルートに入っても同じで、俗にいわれる「金太郎飴」というやつです。共通ルートをスキップしすぎて正しい選択肢が分からなくなったり、ゲームをやってんのに飛ばしまくってるなと、ぼんやり虚無感が生まれたりします(個人差有り)。それでもあくまでも主人公・ほたるの行動にゆだねられる部分が大半です。彼女(プレイヤー)の選択によってストーリーは変わるのです。選択によって言葉や行動、ほんの少しみられる場面が変わったりするタイプのストーリーが好きな方には楽しいと思います。しかし、ほたるは忍びの者。裏方であり間者であり、変化の術を使い「桔梗姫」として武将たちと係わり、知る人ぞ知る存在でした。しかし、本能寺の変を乗り越え、ほたるは新たな夢を持ち、安土を守り、じわじわと表舞台に登場していきます。それが「安土の盾」と呼ばれる忍びであり「夢灯り」の物語に繋がります。

 

 

愛蔵版では「下天の華」には罪の華エンド、「下天の華 夢灯り」には後日談とシークレットイベント、佐吉と両兵衛のイベントが追加されました。おまけで新規イベントを入れておくか的なやっつけシナリオではなく、しっかり練られたイベントでした。優しくかっこいいキャラ達の新たな一面、隠された闇の部分が浮きあがる罪の華エンド。ほたると同様、彼らにも心の揺るぎと利己的な側面があったのだなと感じられます。そして、本編のセリフやエピソードを回収しながらの糖度の高い後日談。本編の糖度はやや抑え目なので、大変嬉しかったです。下天の華をさらに厚みをもたらし、濃厚さをました新装版になりました。

 

 

この物語がたどり着く結末は「戦国時代」としては生ぬるく感じるかもしれません。ストーリーの中では合戦なども起きず、基本的に安土近郊からも移動しません。結末や下される沙汰によっては納得できない場合もあるでしょう。夢灯りでは私も少し驚きました。それでいいのかなって。それでも、それらを補うだけのストーリーと整合性と何より私が気にならずに「うんうん」と進められたからかと思いました。下天の華の美点はキャラクターやストーリーがぶれないところです。武将たちの言動がルートやストーリー展開で変わらない。謎の行動を起こしたり、性格が変わってしまったり「お前どうしたんだよ」ってツッコむところはないです。だから、ストーリー、キャラ、システムなどゲームとしてのクオリティは安定しているといっても過言ではありません。申し分ない。だから、下天の華という作品の評価は、本当に遊ぶ人の好みにゆだねられていると思っています。

 

 

その作品がどうであれ、世間がどう言おうと評価が低かろうと、自分がどう思うかが大事なんですよね。「下天の華」は私の心に突き刺さり、心の琴線には四六時中ふれっぱなしなのです。どこではまったか? これは自分でも全然わからない。気が付いたら公式イベントに行ったり、舞台に通ったり、プラチナBOXを買ったり、ブログをしたためたりしちゃってるんです。下天の華の初攻略は秀吉で恋愛エンドでしたが、エンドロールが流れた時点で爆笑したもの。キャラソンって(その後いくつかの乙女ゲーをプレイしたが、キャラソンが流れたのは下天だけでした…)。しかも秀吉が一番興味がなかったんです。中の人は地元のラジオ局で番組持っていて存じてましたが、下天のサイトで「あー声優もやってるんだ?」って思ったくらいでしたからね……ちなみに信長の中の人もね(昔夕方の電リク番組聴いてました。たまに声優の話もしていましたが)。最終的に秀吉が最萌えキャラとなりました。後日談も罪の華も本当に良かったですよね。

 

 

シークレットイベントを見た後「終わってしまったな」という、ちょっとぽっかり心に穴が開いてしまったような脱力感にとらわれました。後日談が素晴らしくて、きれいにまとまり完結していたので一区切りした感じがすごくあったんですよね。続編はあるのかな。作るのも大変そうだな……もう信長が天下統一してもいいんじゃない?と思うけど、それがあったら完全に終わるよな……下天の華。今回あるルートで天下統一目前な話がありましたが……さてさて。もちろん新作があったら一番うれしいのですが、個人的には乙女ゲームでなくてもシミュレーションでもいいし(信長の野望とか太閤立志伝をゆるめにした感じ)、無双スターズに出陣しちゃってもいいし、何かしらの形で続いてくれてもいいかなと期待します。無理をせず、ゆるゆる続いてくれたらいいな。

 

 

愛蔵版をプレイしつつ、やっぱり下天の華が好きだなと改めて感じました。罪の華と後日談を見て、その気持ちがより一層深くなりました。このゲームを世に出してくれて、プレイ出来たことに感謝します。下天がきっかけでいくつかの乙女ゲームをプレイして、好みの作品にも出会えたし遊ぶジャンルも広がりました。

 

 

たかが乙女ゲーム、されど乙女ゲーム。

いやはやこんなにも虜になると思ってませんでした!!

一人でも多くの人にプレイしてもらえたらいいな、と願いつつ。また続編や新展開があったらと期待しつつ。

 

私は下天の華が大好きです!


蘭丸が信長様の出陣を願っているぞ ::: 2016.10.14 Friday

 

無双スターズのアンケートは気楽な企画だと思っていたのですが……

蘭丸!?

メーカーのゲームキャラがこんなツイートをしているということは、参戦キャラは確定していないってことなのかな? 一回取り上げましたが、応援をこめてもう一回記事を書くぞ!下天からもだれか出てくれたらいいな〜。蘭丸でプレイするのも楽しそう。まだ投票してない方は是非とも!  締め切りは16日の23:59までです。

 

 

蘭丸といえば、レコチョクで「青い恋」が配信されています。あと、星見の宴イベントCD版「光射す未来へ」も4曲すべて配信中。計5曲配信されている! イベント限定CDって通販ないのかなって思っていたので、曲だけでも購入できるのはいいですね!「青い恋」というタイトルなだけあって、甘酸っぱい歌詞と、想いを伝えたい気持ちが前面に表れている曲調になってます。itunes storeとかでも配信されているかな? 昔はアプリとか専用のメディアプレイヤーを入れていなくても、サイトで検索できたのですが、見てるところが間違っているのだろうか。

 

【レコチョク】森 蘭丸(CV:島崎信長)『イベント限定CD「ネオロマンス・フェスタ 下天の華 〜星見の宴〜」』

http://recochoku.jp/album/A1004842958/


救いきれなかった、その先へ ::: 2016.10.12 Wednesday

 

無印の回想録を一つずつ見ていき、変化イベントでは全て選択し、しらみつぶしに白字を青地に変えていく作業をしたのですが、用語集が埋まりませんでした。あと5つなんだ!!! 恋愛フラグを折った先に一つあったのには驚いたんだけど……そうだったのか。PSP版では回想録は見ても明らかにフラグが折れる選択肢は見てなかったんですよ、実は。だって見たくないじゃない。そりゃ埋まらないよね。今は夢灯りの回想録を見ていますが、こちらもすぐには埋まらなそうです。交流を進めているか否かのセリフ変更や疑念MAXで追い出される場合などにも混ざっているのだろうか。取りこぼしが分からないので、若干気が重いです。後日談やシークレットイベントのために駆け足で進めてしまったので、ゆっくりプレイしなおそうかなと思っているので、気長にトロコンできたらいいなと思います。

 

 

続きからは無印の話です。

 

 


トロコンへの道(あと3つ) ::: 2016.10.08 Saturday

 

スマホでも読みやすいですよ! 口絵とか拡大して見られるのが良い感じです。

↓買ってみようかなという方がいらっしゃいましたら、参考までにどうぞ。

紙と電子の違いを比べてみた

 

 

愛蔵版のトロフィーもあと3つです。無印2つ、夢灯り2つの計4つの時は用語集と各作品のトロコン(下天の華のトロフィーをコンプした、のような感じ)だと思っていました。が、試しに検索してみたところ無印が「修行の鬼」、夢灯りは「安土の盾」であることが判明しました。そうだったのか……なので、昨晩さっそく修行を30回行いトロフィーを取りました。用語集はあと9個ほど足りないのですが、どこなのだろうか……PSP版でも同じくらいうまってなかったはず。知らずのうちに同じような行動で進めているのかもしれない。なんで用語集をトロフィーに入れてくれたんだい!! これも調べてみたら、コルダと遙かにも用語集的なもののトロフィーあるんですね。コエテクの乙女ゲーが好きな人は逃れられない宿命なのですね。PSPの時は何とも思ってませんでしたが(実は最初は頑張ってましたが途中で投げてしまった……)、獲得できないないと分かっていると何か悔しい。回想からも埋められるので、共通ルートをはじめから見直しています。これで埋まらなかったら交流パートをやらないと! 恋愛進めてないとセリフが違う場合があるから、そこまで考慮しないとダメだったら難関だな。何とかなるかしらー。


愛蔵版プラチナBOXの感想もかくよ ::: 2016.10.06 Thursday

 

回想録と後日談をすべて見たので、プラチナBOXを開けました。という訳で、さっくり感想を書いてみます。

 

 

プラチナBOXとトレジャーBOXのどちらかを買ってみたいけど迷っている、という方がいらっしゃいましたら、個人的にはトレジャーBOXをおすすめしておきます。割引している店舗も見かけなくなったし、メモリアルブック、ドラマCD「蛍見の宴、再演」だけでも十分だと思います。この2つは特におすすめしたいアイテムです。迷っているけれど金額は気にしていないという方には、是非ともプラチナBOXをおすすめしたい! です!

 

 

============================================

 

プラチナBOXを開封してCDを聴いたり本を読んだりしていますが、買ってよかったなと思います! 9枚組のCDがほんと良かった! 全員好きなので、個別でボリュームのある内容に大満足でした。BOXが重くてスライド式の箱を取りだす時に、指ををひっかけて外箱を少し破きました。きえええ! 高かったのに……!! CDは別のケースに一枚ずつ収納して聴いてます。CD表面のイラストってエンディングのイラストだよね。メモリアルブックやガイドブックには載ってなかったと思うので、何気にうれしい仕様でした。百地は後ろ姿ですがww

 

 

1. 9枚組ドラマCD「戦国♥現代 恋の味はかくも甘く」

秀吉と百地が約26分。それ以外のキャラは約29分でした。一人ずつのCDなので、聴き応えのある長さです。前半が安土学園、後半が戦国時代です。別々の話かなと思ったので、途中でぶつ切り状態で戦国時代パートにうつるのだろうと聴いてたのですが、それぞれの時代とリンクしている話になっていました。「ご先祖」の夢を見たり、不思議な夢を見たと安土学園の夢を見ていたり……未来を見ちゃってるのか!? でも「寝て見ていた夢」の内容には追及はしないので、気にせず聴けました。そういう話じゃないしね。安土学園はいろいろな設定やネタが出てきたので、まとめたら楽しそうです。信長様はバイク通学かよ……!!! 戦国時代は後日談の前後といった感じでしたが、百地と半兵衛はまた別の話なのかな? という印象を受けました。ほたるの特別な変化って一回しか使えないんじゃなかったっけ? 内容自体はとても素敵な話でしたが、できれば病状が改善してきたとか明るめの話が良かったな。官兵衛や信長の安土学園パートは笑ってしまった。どのキャラも下天的に糖度は高かったです。ドラマCDなので妄想もはかどりますね〜。

 

 

2. 琥狗ハヤテ描き下ろしコミック入り スペシャル図録

コミックが14p、1Pの4コマ漫画が7本収録されています。あと追加スチルとコネクトチャームのラフスケッチです。琥狗先生のまんがはショートギャグでオールキャラ。4コマ可愛かった〜ラフスケッチはメモリアルブックのゲーム内スチルと比べてみると、細々した違いを発見できる。官兵衛スチルでのほたるのスタイルの良さは、琥狗先生のラフでも同じでした。本文32pでハードカバー。もうちょっとだけページがあったら嬉しかったけれど、琥狗先生のまんがが読めて満足でした。

 

 

3.おやすみコネクトチャーム(10種)

可愛い〜! 思っていたよりしっかりとした作りでした。真ん中に早期特典のほたるをはめ込める仕様になっているので、入れておきました。そして、取り外したスポンジはチャームが入っていた袋に入れました。蘭丸が竹につかまっていて可愛い。取りだして使う訳ではありませんが、こういう記念に作られる物って欲しくなってしまいますね。夢灯りのけもみみチャームも大切にしまってあります。

 

 

4.スペシャルドラマCD「桜見の宴、再演」

約1時間。ドラマ以外にも開演・終演アナウンスやメッセージも入っていて桜見の宴が懐かしいなと、つい浸ってしまう……。歓声が入っているんですけど、これは? ドラマはすべて取りなおされてますね! 電話のやり取りや、ラストでの秀吉と半兵衛の合流など変更や追加があります。イベント不参加の秀吉と半兵衛のメッセージも新たに追加されてるのが嬉しかったです。イベントはDVDにならなかったけど、今回CDになって良かったです!

 

 

5.下天の華 メモリアルブック 〜安土公式設定集〜

待望のメモリアルブック! 夢灯りのガイドブックが出なかったので、両兵衛のパーソナルデータは初めて読みました。他のキャラも性格・生い立ち・呼称が追加されて充実しています。スチルがすべて掲載されているのも内容を振り返るのに最適ですね。ラフスケッチなどは無印と夢灯りのトレジャーBOXの資料集が充実していたので、こちらは少なめ。今まで発行された冊子から満遍なく掲載した感じ。罪の華エンドや後日談、シークレットイベントも紹介しています。罪の華に添えられた紹介分からまたいろいろ考察できそうです。こういうのって普通に一般売りしないものなのかね。何かもったいない気もします。

 

 

6.防水スマホケース「水場の盾」

思っていたよりしっかりしているし、大きい。ケースの中に紙がはいっていて、ビニールがくっつかないようになっているのが地味に嬉しかった。Vitaも入れられそうだね。私は風呂でゲームやスマホは遊ばないので、今のところは使う予定はないけれど、何か別の用途に使えるかも。

 

 

7.特製 華やぎクリアカード(9種)

ゲームではスチルの作画も担当されているミニワ先生描き下ろしです。ご自身の絵柄でとのことで、全体的にとっても色っぽくつやっぽい素敵なカードです。師匠のイラストがすごく! ……良いです! ちょっと違った一面を見た気分になりました。クリアカードなので、透けていて、光の加減で雰囲気も変わります。ほたるか桔梗も見てみたかったです。きっとすごく色気のある雰囲気になったはず……!


| 1/7PAGES | >>

selected entries

 

categories

 

archives

 

recent comment

 

  • 救いきれなかった、その先へ
    conoji (10/14)
  • 救いきれなかった、その先へ
    ごま (10/13)
  • 【愛蔵版】「罪の華エンド」をすべて見ました
    conoji (09/28)
  • 【愛蔵版】「罪の華エンド」をすべて見ました
    ごま (09/25)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    conoji (08/25)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    ごま (08/23)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    conoji (08/14)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    ナナ (08/11)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    ごま. (08/10)
  • 8月21日の公式イベントに行ってみよう (8/8 追記あり)
    conoji (07/12)

recommend

 

recommend

 

links

 

profile

 

Amazon

 

ブクログもやってます

 

others

 

無料ブログ作成サービス JUGEM