スポンサーサイト ::: 2017.02.15 Wednesday

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

クロセカとクロ3、どちらがおススメか ::: 2015.02.08 Sunday

 

評価:
コーエーテクモゲームス
¥ 8,900
(2012-09-13)

評価:
コーエーテクモゲームス
¥ 4,950
(2014-12-04)

日記の記事の下にあるリンクを見ていたら「Chronicle2ndとChronicle3のどちらが面白い」みたいなワードで来てくださってる方がいるみたいなので、その件について私なりに書いてみようと思います。若干のネタバレを含みます。あと、記事内ではChronicle2ndをクロセカ、Chronicle3をクロ3で統一します。この呼び方はダサいのでは…と最近思ったりもするけど、別に良いよね。あ、どちらも3DSでプレイしました。



クロニクルシリーズを遊びたいだけなら、ぶっちゃけクロセカで良いと思います。史実に沿ったストーリーとキャラ作り、DLCによる追加シナリオ、ifルート有ととにかくボリュームがあって飽きないです。本編自体が自分で選択したルートで進んでいくので、歴史を切り開いている感があって面白いです。でも歴戦の勇者…的な扱いで歴史に出しゃばったりしないキャラ設定なので、話そのものには絡まないところが良いですね。助っ人外国人枠です。他にも猛将演武というミニゲーム集があって、種類もあるし難易度も選べてこれがとにかく面白かった。一時期はこちらばかりやっていました。ナンバリングが出せない状況(たぶん)で、クロニクルという作品を一から構築していったのかなと思います。私にとっては初めての戦国無双だったのですが、寝不足になりながら遊んだものです…。4人のキャラを上手く操作してクリアしていくのが楽しかったです。戦場の状況がどんどん変わってミッションがばんばん出てくるのが臨場感があって、のめり込みました。アクションが苦手な人でも難易度が選べるから慣れたら上げていけばいいし!私も「易しい」からはじめて遊んでいくうちに「難しい」をクリアできるようになりました。レア武器もほとんど取りました。あと、高虎の操作があれだけど、愛で何とかしました。何とかなるから…。4を先に遊んでいるとアクションが全体にもっさりしている感じになるかも。


では、クロ3はどんな方におススメなのか。これは戦国無双4を遊んで楽しかった方向けだと思います。4を未プレイでも、4からの初登場キャラが気になるのであればこっちかな。IFがどうとか以前に、キャラの基本設定が一部おかしなことになっているので、史実が云々と気になってしまう方にはおススメできません。衣装などは3からだったけど、あくまでもクロニクルとして独立していたクロセカに対して、クロ3は4準拠になっているなーと思うからです。キャラもストーリーの雰囲気も。IFに特化した内容とのことで、楽しみにしてたんですけど、ぶっ飛んだ話を見られるのかなと思ってたら、割と暗めなものが多かった印象。さらにIFストーリーの中にさらなるIFシナリオがあることにちょっと驚いた…えええ?IFシナリオ自体はクロセカにもあるので、もっとガツッと楽しくてパラレルめいたものが良かったなと思ってしまいました。お茶会も作業っぽかったかな…。あと武器作りがよく分からなくて、割と難儀していました。ステージも4人を上手く操作しないと進めなかったクロセカに対して、クロ3はそうでもなくて、でも割とやりにくい感じでした。謙信が階級(レベル)1なのに士気の高い赤エリアに突っ込まなきゃいけないとか、特定のキャラのあたりのミッションが一気に起きちゃったりとか…あと武将の誘導もちょっとでも距離が開くと、自分の持ち場に即行帰っちゃうのとか。どうしてもクロセカと比べてしまうので、クロ3は…となってしまいます。逆にお気に入りな部分はキャライベントが楽しかったこと。4で初登場したキャラの掘り下げとか良かったなーと思います。ギャグテイストのものも多くて良いですね〜。歴史に沿ったイベントは年表式になっていて、そこに組み込まれているのが良かったです。クロセカだと個別なので。キャラによって偏りがあるのですが、あくまでも年表上に表示されるから気にならなかったかな。それから、IFルートをクリアすると、正史の章の年表に特定キャラの会話イベントが追加されたりしていくのは面白かったです。あと、本編と別にあるミニゲームの練武館が面白くてこれのためにレベル上げしてる感じです…。アクションは最初のうちはなれなかったんですけど、操作性はクロ3の方がいいかな?この辺も戦国無双4準拠です。あと好きな方には大変申し訳ないが、一応書いておくけどこの手の一般ゲームの限定版は買わなくていいと思う。私は持て余してます。はっきり言って。アートブックのイラストも4の資料集と同じだったし。サントラは良かったけれどポストカードも使いまわしだし。下天の華の限定版がすごく良かったから買ったんですけど、あれは乙女ゲームだからね…。ドラマCDとか描き下ろしのグッズがないと今後は買わないかもです。ゲームそのものが面白ければ十分かなと…。

 

総合的に判断してクロセカをお勧めしますが、部分的にはクロ3もいいと思います。クロニクルシリーズに何を求めているかで選ぶと良いかな。個人的にはクロセカを買ってみて、面白かったらクロ3も遊ぶと良いかなと思います。ただ、クロセカにハマってしまった場合は何百時間も遊んじゃうことになるので、そのつもりで!



 

一日の終わりとクロニクル3 ::: 2014.12.12 Friday

 

一日一時間くらい、こたつに入ってまったりプレイしています。
 

とりあえず正史の章が終わりました。年表にイベントや合戦が組み込まれていて登場キャラが偏っているけれど、後はそれぞれの章で、ってことなのかな。最後のスタッフロールも一部のキャラのイラストしか出なかったしね。あるキャラのイベントを見ると、その話に係わっている別のキャラの話が追加されたりしていくのが面白い。年表式?のスタイルはとても好みです。何かタクティクスオウガを思い出しました。あっちもウォーレンレポートでしかわからない情報やイベントがあったなあ。最初の頃の直虎ちゃんが割とウザさを強調した感じだったんですけど、徳川側に付いたら普通になった。あと、浅井に高虎と吉継と三成が一緒にいた時点で「ものすごい火種…」と独り頭を抱えてたんですけど、だんだんすれ違っていく三成と高虎の対比が結構良かったなあ、と思います。高虎があからさまに秀吉を罵ってましたが。吉継も相変わらずの流れ厨でふわふわしてたけど、正則が「お前わけわかんねーよ」的なことを言ってくれて思いっきり笑ったwww半兵衛と「流れと個」についての話も良かったし、一人の人物に対していろんな見方や掘り下げをしていてくれて4を踏まえてのイベントかなと思ったり。高虎との関ヶ原の邂逅もとても好みでした。だって4の高虎は結局小少将さんにdisられてたから…あ、吉継と小少将の邂逅は好きだった。お茶会のイベントも意外な組み合わせで面白いね。しかしエイエイオーは死ぬほど笑ったよwwww

 

ゲームシステムは散々遊んだクロセカと比べがちなんですが、全体的な操作はクロセカの方が好みかな〜なんか全体的にもったりしているというか、単に私の捜査が下手なのか操作がままならないです。携帯機ということで、どーしてもクロセカのくせが抜けていなくてC1を出そうとしている…無意識怖い!敵のわらわら感があって、それは良いんですが目の前の敵が消える現象が困ります。武将でも足軽でも割とごそっと消えたり、目の前まで行かないと敵が表示されなくてステルス感がヤバイ。クロセカと別な意味で時間制限つきの敵を一定数撃破しなくてはいけないミッションは割と失敗しています…。撤退するキャラを追いかけるのも一部の武将が振り向きもせずに一直線で逃げたときは無理でした(朝倉さん)。3DSは皆伝の時しかカットインがないみたいなのですが、イラストでかっこいいですね。でへへ。全部「易しい」でプレイしたんですけど、後半になるほど武将ががっちりガードをしてきたり、すきを見せなくなってきて手こずりました。結構味方武将の体力の減りも早い感じで、焦りながらプレイしていました。操作している武将であっても減ってる。もう、大坂の陣の幸村が強くて強くて稲姫が戦闘不能になったからな。幸村、お前は義姉上になんてことをしてくれるの!豊臣の天下が来るかと思いました。…武器の作り方がよく分からなくて適当に作ってたのもいけなかったのかもしれない。自分の中で使いやすいキャラとそうでないキャラがハッキリしてきているのもあるかも。苦手なキャラでボッコボコにされ始めると、その状態から抜け出せないんだもの。好きなキャラの操作が上手くいかないと泣きたくなるね。

 

で、高虎の話なんですけど。お市のことを随分と気にかけていて、清正みたいになったらどうしようと内心思いました。たぶん高虎の理想の女性はお市なんだろうなあ…好きとかそういうんじゃなくて、好みのタイプは「お市様のような女性」って言ってしまう感じ。理想が高すぎで女性陣によく思われてない流れww…清正も「おねね様のような女性」って言ってそうだな…危険な流れだ。マズイな。のちのち「俺は長政様のことが好きだったのか」とか気が付いたりして、お前は浅井夫婦のどっちが好きなんだクロセカの時とは違ったアプローチで良かったです。秀長の部下という描写はなかったですよね?秀長のと関係はクロセカでしっかりやっているし、秀長自身がモブだからなあ。その辺りはアニメとか他のところで期待してい見たいと思います。

 

正史の章を遊びつつ、練武館もやってます。これやりこんだら面白いでしょ!ていうか、無双演武をほったらかして遊びそうになったから、そろそろ終わりにするか―って時の最後のお楽しみにした。危ない、危ない!一日の終わりに練武館をやってます。今回のすれ違いは武器ではなく、単にすれ違いを楽しむモードみたいですね。まだ外に持っていってはいないのですが、どんなものだろう?秘かに安堵したんですけど…クロセカと同じすれ違い通信だったら、しょぼい武器しか作れないと思うから…!

 

主人公ちゃんの名前は某有名少女漫画の主人公から拝借しました。もしそれっぽい主人公ちゃんとすれ違ったらよろしくお願いします!


 


地元にお仲間が ::: 2014.02.15 Saturday

 

戦国無双4が出るということで、またちょびちょびクロセカをやってます。主人公くん!

3ヶ月くらい触っていなくて久々だったので、下手くそになってましたwwああー。先週、都内に遊びに行ったのでDSも持っていきました。帰ってきて、ドキドキしながら開いたら2人の方とすれ違っていました!さすが都内!……と思ったら、すれ違った時間を見て驚いた。1人目は電車に乗ってすぐの次の駅あたり(全然都内じゃない)。2人目は帰りに寄った近所のコンビニ。

 

さすがに驚きました。2人目の人は10時間も遊んでいない。しかも主人公の初期装備を配信してました。未だに新規の方がいるって良いね!クロセカはすごく面白いのでみんな遊んだらいいよ。


私の配信した直虎ちゃんの武器、使ってね!(私のも貰いものですが)



 

いわゆる一つのすれ違い問題 ::: 2013.06.22 Saturday

 

「戦国無双 chronicle 2nd」のすれ違い通信ですが、先日いっぺんに8人の方とすれ違いました。


え?どこだよって思われるかもしれませんが、ぶっちゃけて言いますと同人誌即売会です。分かっていたことですが、すれ違えました。乙女ゲームのみの即売会(名前はあえてぼかしておきます……)だったので、そんなには期待していなかったんですけど。乙女ゲームに関してコーエーテクモは老舗でもあるので、プレイヤーも普通にいたと思われます。時間を見たら、開場前の待機列に並んだころから10分くらいの間に8人の方とすれ違ってます。同人誌を求めて血眼になっているころ、ひっそりとすれ違っていたようです。武器は戦国のオッパイーヌ直虎ちゃんを配ってました。綾御前の武器を頂いたり(主人公ちゃんの次にもらっている気がする)、始めたばかりの方(推定)とすれ違えたり。


また武器の整理を怠っていたので、メルマガでもらった武器が消えた……と思ったら10のリストから押し出されて見えなくなっていただけで、1つ武器を購入すると表示される感じに。良かった……。ちなみに、同じ日に別会場で戦国ゲーム系同人誌即売会があったので、そちらはもっとすれ違えたと思います。

 

どうしてもすれ違いたいと思ったら、同人誌即売会に行ってみるのもアリかもです。5大都市では定期的に企業イベントも開催されています。ただ、独特の雰囲気だしオタクしかいません(←当たり前だが)。即売会に出向いてあなたの人生が何か変わってしまっても、私は責任取れませんからね!もうすぐコミケがありますが、夏コミは初心者にはお勧めできません。だったらゲームショウとかに行ったほうが良いかもしれません。



前にBASARAのお芝居の会場ですれ違ったし、報告も頂いたりして確実にすれ違いたいって人は「オタク」が集まるところに行けばいいという結論に達しそうなのですが、それはなんだか寂しい気もします。ゲーマーすべてが「オタク」という訳はないと思うので、ソフトを購入して楽しく遊んでいるだけの人は中々すれ違えないということになってしまうような。中にはすれ違い通信自体を設定していないゲーマーもいそうな感じです。すれ違いはあくまでもおまけの様なものなので、ゲームのそのものに影響はないからいいのですが、もちろんすれ違ったらとても嬉しいし、武器も交換できるので設定して日々DSを持ち歩いているのです。


ドラクエやどうぶつの森に比べたら分母が違いすぎるから仕方がないんですけどね。

それだけ「戦国無双 chronicle 2nd」が面白いということです。結論!


 

「戦国無双 chronicle 2nd」が面白すぎた結果 ::: 2013.01.09 Wednesday

 

評価:
コーエーテクモゲームス
(2012-09-13)

今現在も「戦国無双 chronicle 2nd」を楽しくプレイ中なのだが、携帯ゲームだからとなめていた。いまだに終わっていない。これすっごいボリュームがあるなあ!一応、合戦はすべて出したんだけど、ミッションとボーナスが回収しきれてないし各キャラのイベントは半分しか見られていない。携帯ゲームのいいところはすぐに遊べるところだね。ちょっと時間を見つけてはサクッと遊んでいる。プレイ時間もあっさり100時間を超えて、もうすぐ150時間になりそう(もっと遊んでいる方は大勢いらっしゃると思うが)。大人になってからゲームをやり込まなくなったから本当に遊んでいると思う。

 

 

 

以下、感想をつらつら書いたものですが、ナンバリングや旧作は一切プレイしたことが無いので「戦国無双シリーズ」に関して間違いがあったらすみません。

 

 

 

遊び始めて驚いたことは、ほぼ史実に沿ってストーリーが進むことだった。基本的に年号が表示されている。キャラも見た目が若くても年を取っていくので、史実で亡くなっているところまで進むと出てこなくなったりする。毛利元就や甲斐姫など一部例外もあるが。合戦終了後に見られる各キャラのイベントも史実や逸話を元に面白く分かりやすくアレンジされていて、キャラの人物像や人となりを掘り下げている。しかもイベントはフルボイス。スゲエ!半兵衛の最期では思わず泣きそうになってしまったし、今川義元のラストは何だか切なくなってしまった……の。何だか声優さんによっては何役か掛けもちをしているではないか!全然気が付かなかった〜プロってスゴイね!

 

 

 

合戦も4人の武将を操作しながら遊ぶ。下の画面のタッチすると切り替わるという仕組み。ぶっちゃけ(死語)ペンで操作なんかできないから指で切り替えていくことになるので、保護シートは必須だよ。慣れないうちは大変だったけど、しだいに上手く連携させてミッションをクリアしていけるようになって楽しくなった。難易度を上げると敵武将たちの攻撃も多彩になっていく。ボコられてぎゃああーと涙目になっているところに、味方武将が助けてくれる時のありがたさときたら。合戦も一度クリアしてしまえば、好きなキャラで遊べる。ミッションやレア武器を狙う時はどうしても使いやすいキャラや贔屓キャラを選択してしまうけど、それ以外では結構いろんなキャラを使っている。みな個性的な武器が多くて楽しい!(刀使ってる人の方が少ないよね……)。

 

 

 

クロセカから登場の藤堂高虎、井伊直虎、柳生宗矩の三人も良く使っている。三人とも東軍だね!もともとの目当てだった高虎はイベントも多かったし、キャラもカッコいい。操作も慣れたら何てことなくなった。ただのギリワンでもないから、少しはイメージを払拭できてるんじゃないかな。綾御前に「俺は女に骨抜きにされたりしない」とか言うくせにいつも長政のこと考えているし、秀長が罠にはめられるとマジ切れするという(高虎激昂というミッションが2つあった)。男には骨抜きにされてるのはいいのだろうか。直虎(紛らわしいな)は空気の読めない天然ちゃんかと思ったら、井伊家のことを考えたり虎松のことを考えたりする姿をみていたら普通に好きになった。おっぱい良いよな……こんなカーチャンがいる虎松うらやましいなあ……。でもでっかいんだね。何を食べたんだろう。おじいちゃんの変態紳士ぶりが素晴らしいです。宗矩は最近やっとイベントを見られるようになってきた状態なので人となりがよく分からなかったりする。でも、合戦によく出している(良い武器をすれ違いでいただいたから)。攻撃が何かぺちぺちひっぱたく感じなのよね。のらりくらりとしている感じが結構好きだな。そんな訳で、新キャラの三人はとてもいいと思う。気になっている人は遊んだらいいよ。

 

 

 

楽しく遊んだ結果、戦国BASARAを遊べなくなっってしまった。少し前までは舞台を見に行くほどハマっていたというのに!BASARAをやり込んだし両作品の経緯もあってか、どーーーしても無意識に比べてしまう。合戦が似ている様で似ていない。どんどんミッションが繰り出され戦況が変化していく無双に対して、BASARAは特にそういったものはない。特別恩賞というものはあるものの、2つだし経験値がもらえるだけなので別にやる必要はない。だから合戦は単調。一応ある程度進めないと総大将のところにいけなかったり、忠勝に追っかけられたり金吾を助けたりしなきゃいけない、などはあるけど。武将もいるだけで何もしてくれない。彼らがいなくなったところで何もない。しかもほとんどのキャラが独身なのに、モブ武将の名前が息子だったりするのな……。無双は自分で考えて動いてくれる。彼らを逃がしたり助けたり誘導したり、時にはこちらが助けられたりするし!BASARAだといつの間にか死んでるからね……2の関ヶ原なんか終わった時に自分くらいしか残ってなかったりして……。遊びやすさと操作性はBASARAのほうが良い。アクションが下手な自分でも難易度最高の「婆娑羅」でクリアできるくらいだったからね。それに比べると無双は難しいかな(地獄で全然クリアできない……)。

 

 

 

BASARAもゲームだから良いかなと思っていたけれど無双と比べてしまうと何かダメだ。私が無双で初めて心を動かされたのは伊達政宗だった。BASARAの政宗自体が操作がしづらくてあまり好きではなかったからかもしれないんだけど、無双ではどちらかと言えば脇役な政宗は東北のために頑張っていた。「功を上げしは独眼竜ぞ!」と叫びつつも料理をしたり結構楽しく暮らしている。世話焼きの孫市とかもいるけど、なんていうのかな……地に足を付けて自分で立っている感じがするんだよね。BASARAの政宗はなんだかんだ言っても、小十郎におんぶにだっこだからさ(無印は除く。無印の政宗は孤高の武将でかっこよかった)。クロセカを遊んでいて感動したことは、モブ武将がたくさん出ること。モブの操作をする合戦もたくさんある。声に出して喋る。ちゃんと燃えるし萌える。そして時折涙を誘う。さらに、セリフで出演が無いキャラの存在を明らかにしていること。愛姫や浅井三姉妹など(あ!茶々はイベントで出ていたね)。BASARAにはそんなものない。出ているキャラクターだけで話が完結していく。しかも、これ以上は嫁や姫などの女性キャラは出さないと発言されている。お館様とか男性キャラはみな独身貴族のようだ。可愛い女性キャラの登場を期待していた私はガッカリしたものだよ。そして、お市の違いがちょっと衝撃ものだった。いや、BASARAの市って綺麗なんだけど人間やめちゃってるじゃない。無双の市は健気な女性(長政はパツキンだが)。差が尋常じゃない。BASARAで性格とかで苦手なキャラは結構いたが、ゲームをするという意味では皆まんべんなく使っていたけれど。

 

 

 

【追記】2016/06/21

古い記事なのですが、加筆修正して改めて公開しました。感想そのものは当時のままなので、現在と変わっている部分もあります。BASARAに関しては当時の率直な感想とはいえ、だいぶ失礼な物言いになっていたので直しました。申し訳ありません。無双もBASARAもいいところも悪いところもそれぞれありますよね。BASARAは映画あたりの展開までは今でも好きです。無双の政宗も小十郎が出てきたら…ねえ。ふふっ。無双の小十郎と結婚したいですね。

 

 

 

 

 

 


「戦国無双 chronicle 2nd」をプレイする。いきなり。 ::: 2012.11.08 Thursday

 

采配のゆくえを遊んで藤堂高虎そのものが気になる様になったので、サイトを見たり関連書籍を読んだりしていた。そういえば、4月ごろに歴史秘話ヒストリアを見たなあ。面白かったから再放送で録画しようと思ったら、何か流れちゃったんだよね。そんなことを思いながら「虎の城」やら「関ヶ原」を読む。「関ヶ原」では送り込んだ間者(初芽局だ!)が三成とラブラブになってしまうし、「虎の城」に至っては三成に恋人をNTR……頑張れ藤堂高虎。

 

で、戦国無双に行きついた。3DSのchronicle 2ndに新キャラとして登場していたので、3DS LLを即効買って遊び始めた。懐からの出血は止まらないが仕方がない。戦国無双は前々から遊んでみたかったのだけど、なんだかソフトがたくさん出ていてどこから手を付けたらいいのか分からなかったのだ。遊び始めたらとっても面白くて、良いきっかけになったと思う。思いたい。目当ての高虎はキャラとしてはとてもカッコ良くて大変気に入ったものの、微妙に使いにくい。がに股気味で走る後ろ姿がBASARAの最上を彷彿とさせる。剣の持ち方も似ている。辛い。しかも、早い段階で開放しちゃったので階級低い。長政なんかもっと低い。辛い。それよりも伊達政宗や竹中半兵衛が可愛すぎる。辛い。アクションに慣れてきてやっと普通で遊べるようになってきたのは良いが、信長、秀吉、家康と親密になっちゃったせいがイベントはこの3人の選択しか出てこない状態っていう……私は半兵衛きゅんとお話ししたいの!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

BASARAと違ってキャラがとにかく多くて、特に姫武将や嫁キャラもたくさん出てくるのが楽しい。モブキャラも使えたり話したり、とにかくたくさんの人たちによって歴史が動かされていく感じがたまらない。登場キャラだけで話が完結していくBASARAとは全然違うが、松永久秀がモブで登場するのには笑ったし、采配のゆくえの後だったので普通のおっさんの大谷吉継には心の中で涙した(しょうがないだろう……)。BASARAは女性キャラを増やす予定はないと、公式が言ってるので寂しいところではある。

 

そして、全くすれ違わないのである。

 

秋葉原の駅のあたりで1人だけであった。なんだこれ……。直虎の凄い武器を頂いた。こっちは始めたばかりだからしょぼい武器だ。すれ違ってくれた人ごめん。そんな感じだったのに、何といっぺんに5人とすれ違った場所があったのだ!「舞台戦国BASARA」の会場であった。本当にありがとうございました。

 

柳生宗矩と加藤清正と主人公ちゃんの武器をありがとう。それにしても、すれ違った皆さんのプレイ時間ハンパない。



 

| 1/1PAGES |

selected entries

 

categories

 

archives

 

recent comment

 

  • 救いきれなかった、その先へ
    conoji (10/14)
  • 救いきれなかった、その先へ
    ごま (10/13)
  • 【愛蔵版】「罪の華エンド」をすべて見ました
    conoji (09/28)
  • 【愛蔵版】「罪の華エンド」をすべて見ました
    ごま (09/25)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    conoji (08/25)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    ごま (08/23)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    conoji (08/14)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    ナナ (08/11)
  • キングブレードとイメージカラーの話
    ごま. (08/10)
  • 8月21日の公式イベントに行ってみよう (8/8 追記あり)
    conoji (07/12)

recommend

 

recommend

 

links

 

profile

 

Amazon

 

ブクログもやってます

 

others

 

無料ブログ作成サービス JUGEM